1. TOP
  2. >
  3. JSTTの概要
  4. >
  5. 会長挨拶

JSTTの概要

会長

森田 弘昭

去る6月の総会で会長に選任されました。前任の安中徳二会長同様、よろしくお願いいたします。 一般社団法人日本非開削技術協会(Japan Society for Trenchless Technology:JSTT)は、電力、ガス、通信、上水道、下水道などの地下パイプライン設備の調査、設計、検査、維持・管理や地下埋設物、地下空洞などの把握、また地下情報のマッピングなど、非開削技術の普及、発展を通じて、広く社会公共の福祉の増進及び安全で快適な社会環境の実現に寄与することを目的に1989年4月に設立された団体であります。 日本非開削技術協会はまた、ロンドンに本部を置く「国際非開削技術協会(International Society for Trenchless Technology:ISTT)」(世界26カ国、地域が加盟)につきましても、日本を代表する唯一の団体として、その設立の初期段階から参画しております。 当協会の活動は、国内に関しましては

  • 1. 季刊機関誌「No-Dig Today(4月、7月、10月、1月)」の発行
  • 2. 非開削技術の講演会(年度前期)や研究発表会(年度後期)の開催
  • 3. 非開削技術に関係する現場や製造工場、研究・開発機関技などを対象とした見学会の開催
  • 4. 非開削技術の社会的啓蒙及びその発展のための種々の委員会の開催

などを行っております。
また、国際活動に関しましては

  • 1. 諸外国の非開削技術協会との情報交換
  • 2. 会員の海外活動に関する情報面での支援
  • 3. 海外技術者の受け入れ、会員紹介及び技術講演会の開催
  • 4. 世界の主要都市で開催される「非開削技術国際会議及び展示会(No-Dig国際会議)」への出展と調査団の派遣

などを行っております。
御支援、ご協力を賜った関係の皆様に感謝申し上げる次第です。 当協会は、平成21年4月に法人格を取得して、その正式名称を「一般社団法人 日本非開削技術協会」と致しました。これからは、内閣総理大臣から認可された法人としてより一層社会のお役に立てるよう、業務に取り組んで行く所存でございます。関係各位の更なるご支援、ご協力をお願い致しまして挨拶とさせて頂きます。

森田 弘昭

会長履歴

2003年 国土交通省都市整備局 対策官
2007年 熊本市副市長
2012年 国土技術政策総合研究所 下水道研究官
2015年 日本大学生産工学部土木工学科 教授
2017年 一般社団法人JSTT・日本非開削技術協 会長就任
(現在に至る)

▲ページトップへ